一大学病院におけるESBL産生菌の分離背景
Background of Extended-Spectrum Beta-lactamase (ESBL) Producers Isolated in One Japanese University Hospital

Kazuhisa UGAJIN, Ayumi HIISHI, Akiko ANAN, Yuuji ARAI, Hisako NAKAMURA, Kenji MARUMO, Kazumi TAGUCHI, Rumiko KAWANO, Goro NAGASHIMA
2011 Japanese Journal of Infection Prevention and Control  
1~4) .ESBL 産生菌によ る感染症は世界的に増加する傾向にあり,2004 年に世 界 28 カ国から腹腔内感染症の原因菌を収集した調査で は Escherichia coli 10  , Klebsiella spp. 17  が ESBL であった 5) .欧州における 2004 年から 2007 年の間の ESBL 産生菌の動向は Norskov-Lauritsen らの報告によ 4.7, P. mirabilis 15.2, K. pneumoniae 1未満で, 欧米での分離頻度が高い Klebsiella spp. が国内では低い 傾向にあった 8) .国内の ESBL 群別では CTX M 型 blactamase に属するものが多く検出されており,中でも CTX M1, CTX M2 あるいは CTX M9 が属するサブ グループが多く 9) ,近年では CTX M 群 b-lactamase 産 生菌の拡散は世界規模になっている 9) .また,CTX M
doi:10.4058/jsei.26.228 fatcat:mt5znihu2zfx3ew2kpuxohie2m