An Analysis of the Educational Effects of Studying Basic Life Support

Toshihiko Watanabe, Kunio Itoh, Akihiko Yonezawa
2016 Yakugaku zasshi  
We set students' learning goal of basic life support (BLS) education at"being able to describe all the steps of BLS in an appropriate order", and objectively analyzed the appropriateness of the learning goal we set and educational eŠects of lecture contents. Before delivering a lecture, we provided students with an assignment which asked them tò'D escribe the steps of BLS in an appropriate order", and investigated students' levels of acquiring knowledge on BLS. As the results, the majority of
more » ... , the majority of students failed to perform this assignment. Since many students did not understand the process of BLS correctly, the learning goal was considered appropriate in the sense of promoting students' understanding of BLS. We also investigated whether the contents of BLS education was eŠective to achieve the learning goal. We provided students with the same assignment after the lecture, and the results showed that most students successfully performed the assignment. Furthermore, the time required for students to recall the whole process of BLS was signiˆcantly reduced after receiving the lecture, showing that the BLS lecture was eŠective in improving students"'ability to act to save lives". 緒 言 わが国の平成 25 年度死亡原因 2 位は心疾患で, 死亡原因の 15.5%を占めている. 1) 心停止や窒息な ど生命の危機状態に陥った傷病者を救命し,社会復 帰に導くためには◯ 心停止の予防,◯ 心停止の早期 認識と通報,◯ 一次救命措置(basic life support; BLS) ,◯  二次救命措置 の連鎖が必要とされる. 2) わが国の突然死の 7 割は心原性突然死と言われ, 3) ドリンカーの救命曲線によると心肺停止から救命処 置までの時間が 4 分で蘇生率 50%,5 分で 25%, 10 分で 0%となっている. 4) 平成 25 年度の救急自動 車・現場到着所要時間の全国平均は 8.5 分であるこ とから, 5) 傷病者に遭遇した人(以下「バイスタン ダー」とする)の適切な行動が救命率向上の要因と されている. BLS 教育活動は日本臨床救急医学会を始め,一 般の学校や自動車学校などでも行われており, 6,7) BLS 訓練の受講経験者が増加している調査結果も 報告されている. 8) BLS 教育の必要性は薬学教育に も反映され,平成 27 年度薬学コアカリキュラムに は「一次救命処置を説明し,シミュレータを用いて 実施できる」が加えられた. 9) 本学では既にシミュ レータを用いた BLS 実施訓練を行っているが,平 成 27 年度から BLS の知識に関する教育を薬学部 1 年次前期に開講される「薬学入門演習」の中で行う こととなった.今年度は学習到達目標を「傷病者に 遭遇した際にとるべき行動とその順番を正しく列挙 できる」とした. 本稿は講義の教育効果を評価した実例報告であり, ◯ 到達目標の設定が適切であったか,◯ 到達目標を 達成させるための教育として講義内容が適切であっ たかを客観的に調査・解析したものである. 方 法 1. 調査対象科目・対象者 2015 年度薬学部 1 年次前期に開講された薬学入門演習の中で行われた
doi:10.1248/yakushi.16-00019 pmid:27592835 fatcat:ixzujwztzvfpjgef4ldtdpx44u