A STUDY FOR THE GENERATION MECHANIZM OF THE RIP CURRENT AT THE ENCLOSED OR SEMI-ENCLOSED BEACH BY THE GROIN
新潟東港周辺における突堤で囲まれたカスプ地形海岸での離岸流の生成機構について

Naoyuki INUKAI, Yoshifumi EJIRI, Takeshi OOTAKE, Hiroshi YAMAMOTO, Tokuzo HOSOYAMADA
2015 Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering)  
4 正会員 長岡技術科学大学教授 環境社会基盤工学専攻(〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1) 新潟県では毎年夏季において突堤近くの海水浴場での水難事故が発生している.そこで本研究では,突 堤近くにカスプ地形を有する砂浜海岸を対象に,カスプ地形および突堤の2つの地形の要因の影響を受け る海浜流の流況を把握し,水難事故防止の技術向上に資する事を目的とした.本研究では,現地で海面着 色剤で離岸流を可視化しUAVを用いて上空から撮影すると同時に流速計で流速を計測し離岸流の流速や大 きさなどを把握した後に,地形や海象条件にあわせた数値実験で調査時の離岸流を再現するとともに,突 堤やカスプの有無の条件で離岸流を含めた海浜流の数値実験をおこない,現場付近の離岸流発生機構を考 察した.これにより,数値実験との組み合わせで様々な条件下での離岸流場を可視化することが可能であ り,今後の水難事故防止対策のための技術向上に資せる可能性を示した.
doi:10.2208/kaigan.71.i_1687 fatcat:qhlkiql4hfgmzfvwg4jet3usw4