14員環マクロライドの立体化学 ダイヤモンドモデルを中心として

Haruo OGURA
1980 KAGAKU TO SEIBUTSU  
doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.18.280 fatcat:hktu73cq3vbtjhklu4nwulkx7u