A Novel Strategy with Fasudil, a Rho-kinase Inhibitor for Intractable Perioperative Myocardial Ischemia with Coronary Spasm
冠動脈スパズムを含む周術期難治性心筋虚血に対する塩酸ファスジルの有用性

Taketoshi Maeda, Yoshihisa Tanoue, Etsuko Nagasaki, Masataka Eto, Shigehiko Tokunaga, Atsuhiro Nakashima, Yuichi Shiokawa, Yukihiro Tomita, Ryuji Tominaga
2009 Japanese Journal of Cardiovascular Surgery  
開心術周術期に治療抵抗性の難治性心筋虚血(冠動脈スパズムを含む)を発症した 6 例に対し,Rhokinase 阻害剤である塩酸ファスジルを使用した.術後急性期に発症した 3 例は年齢 49∼81 歳,男性 2 例, 女性 1 例であった.術直後∼手術 3 時間後に ST 上昇を伴う循環虚脱を来たした.緊急冠動脈造影を行った ところ,冠動脈あるいはバイパスグラフトのスパズムを認めた.硝酸イソソルビド(ISDN)の冠動脈内投 与を行うも軽快が得られなかったため,塩酸ファスジルをスパズム発症血管に対し選択的に投与したとこ ろ,3 例ともに解除に成功した.術中に発症した 3 例は年齢 57∼77 歳,いずれも男性であった.大動脈遮断 解除後,心膜切開直後,バイパスグラフト吻合中に心筋虚血を発症した.ISDN 無効あるいはスパズム疑診 例であったため塩酸ファスジルを投与したところ,血行動態の安定化が得られ 3 例とも術中に体外循環を離 脱し得た.スパズムと確定診断された症例はもとより,他剤無効例,スパズム疑診例に対しても塩酸ファス ジルは有効であった.Rho-kinase
more » ... ,冠動脈スパズムを含む周術期難治性心筋虚血 に対する新たな治療手段となり得る.日心外会誌 38 巻 2 号:91-95(2009) Keywords:冠動脈スパズム,難治性心筋虚血,Rho-kinase,塩酸ファスジル
doi:10.4326/jjcvs.38.91 fatcat:n6vek7mdnzbdfnrhvrjdlctaoy