EVALUATION OF ENVIRONMENTAL CONSERVATION MEASURES USING META-ANALYSIS: BREEDING SUCCESS AND FAILURE OF THREE SPECIES OF RARE RAPTORS AROUND ROAD PROJECTS IN JAPAN
メタ解析を用いた環境保全措置の効果検証:全国の道路事業での希少猛禽類3種の繁殖成否

Yusuke UENO, Keiichi HASEGAWA, Nodoka OSHIRO, Mayumi KANDA, Ryuji INOUE, Masao KURIHARA
2015 Journal of Japan Society of Civil Engineers Ser G (Environmental Research)  
3 正会員 元国土交通省 国土技術政策総合研究所 道路環境研究室(〒305-0804 茨城県つくば市旭1番地) 国土交通省 宮崎河川国道事務所(〒880-8523 宮崎県宮崎市大工2丁目39) 4 非会員 国土交通省 国土技術政策総合研究所 緑化生態研究室(〒305-0804 茨城県つくば市旭1番地) 開発を伴う様々な事業において,しばしば猛禽類に対する環境保全措置が求められる.一方,それら保 全措置の効果は,十分に検証されていない.本研究では,平成21年~24年度に全国の国直轄道路事業にお いて実施された環境保全措置事例を網羅的に収集し,全国のオオタカ,サシバ,クマタカの計787巣の繁 殖成否(雛の巣立ち有無)を基に,メタ解析による効果検証を行った.その結果,いずれの種も道路工事 の有無(工事前/着工後)で繁殖成功率に統計的に有意な差はなく,着工後の繁殖成功率も事業箇所と巣 の距離が近いほど低下する傾向もなかった.また保全措置は,オオタカの繁殖成功率を有意に向上させて いた.したがって猛禽類に対する環境保全措置は,既に工事前と同水準まで繁殖成功率を高めており,今
more » ... 率を高めており,今 後は保全技術の効率化が重要だろう.
doi:10.2208/jscejer.71.ii_65 fatcat:tqjy5zicqnhgrbrzwqmnvwcwvm