移動体通信の将来展望 4 IMT‐2000に対するクアルコムの考え方 高速データ通信のあり方を中心として

松本 徹三
2000 The Journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan  
doi:10.1541/ieejjournal.120.80 fatcat:4wgojb3jdbfrvo3qhkg7zrctdu