運動部活動で経験する困難に関する計量テキスト分析による大学生の調査(その一) : 困難の内容とその認知

木村 駿介, 大石 和男, キムラ シュンスケ, Kimura Shunsuke, Oishi Kazuo
─困難の内容とその認知─ An analysis of Japanese college athletes' views regarding extracurricular sports activities using a quantitative text analysis: Kinds of difficulties and cognition of them 木村 駿介 大石 和男 KIMURA Shunsuke OISHI Kazuo 要約 本研究では、運動部活動への参加に伴って経験した困難について、その内容と直面した際の認 知についての想起法及び自己報告式調査による自由記述を基に、計量テキスト分析の手法を用い て解析を行った。調査対象者は、主に学校の運動部活動で競技スポーツを5年間以上実施してい る首都圏の大学生 107 名(男性 69 名、女性 38 名、平均年齢 20.7 ± 1.0 歳)であった。分析対象は、 スポーツ活動の中で経験した困難な経験について、その困難の具体的な内容および困難への認知 の2つの設問に対する自由記述回答(各設問につき 300 字程度、合計
more » ... (各設問につき 300 字程度、合計 600 字程度)であった。すべ ての競技種目を対象にして得られた困難な経験の内容では、 【スポーツ障害】 【スランプ】 【他者 からのプレッシャー】などの9つのクラスターが抽出され、 [外因性の困難]と[内因性の困難] の2つのカテゴリーが見出された。同様に困難な経験への認知では、 【競技に対する思い】 【親と の擦れ違い】 【敗北による無気力】などの7つのクラスターが抽出され、 [受容的認知]と[否定 的認知]の2つのカテゴリーが見出された。以上のような運動部活動における困難の種類と認知 について把握することによって、学校におけるスポーツ指導や心理相談などにおいて、より有効 な対応が可能となるかもしれない。 キーワード:運動部活動、困難の内容、困難の認知、計量テキスト分析、クラスター分析 Abstract The purpose of this study was to classify kinds of difficulties, and awareness of those difficulties faced by Japanese college athletes who had taken part in extracurricular sports activities, using a quantitative text analysis. Participants were 107 college students (69 males and 38 females) who had joined extracurricular sports activities over 5 years in Japanese schools. The mean age was 運動部員の困難とその認知 2 20.7 ± 1.0 years old. The questionnaire involved having participants freely write about difficult experiences in extra-curricular and measured cognition of the difficulties. Participants were asked to write approximately 300 characters. An analysis of the writings produced 2 categories: "extrinsic difficulties" and "intrinsic difficulties" which constituted 9 clusters, such as sports injuries slump, pressure from surroundings etc. An analysis of cognition regarding the difficult experiences produced 2 categories: "receptive cognition" and "negative cognition" which constituted 7 clusters such as thoughts regarding sports, disagreement with parents, and lack of motivation by defeat, etc. These findings will be useful for persons involved in sports coaching and/or counseling to improve the quality of their dealings with college athletes.
doi:10.14992/00013067 fatcat:ylzoysjd7zeerfqwpthggdlp2q