鞄用ショルダーパッドの構造と機能性に関する研究
Study on the Structure and Functionality in a Shoulder Pad of a Bag

Yuji Nakamura, Gen Matsuzaki
2012
1.はじめに 本研究は、市場調査を行なった上で、収納と持ち運びを目 的とした生活必需品である「鞄」について、ハンドルやショ ルダーベルトを中心に、その機能性について検証し、より良 い製品の開発に寄与することを目的としたものである。対象 はリュックサック、ショルダーバッグとし、主な方法は被験 者による主観評価である。 今回はショルダーバッグとリュックサックの肩パッドに着 目し、材質の硬さと使用者にかかる負荷に関する研究を行っ た。 2.研究方法 今回の実験では肩パッドの内部に入れる材質をソフトウレ タンとハードウレタンの2種類用意し、それぞれを異なる割 合で使用したサンプルを5種類作成した。詳細に関しては図 1、図2のとおりである。 実際に利用者の体感する負担を知るため、20 代の女性被 験者 11 人による主観評価を行った。実験は 2.5kg の重りを 入れたショルダーバッグと 4.0kg の重りを入れたリュック サックに5種類の肩パッドをそれぞれ装着し、肩パッドの種 類ごとに比較した。比較項目は図3のとおりで、被験者には 項目ごとに5段階評価をつけてもらった。結果は図4のよう
more » ... た。 鞄用ショルダーパッドの構造と機能性に関する研究 中村雄志 1) 松崎元 2 ) Nakamura Yuji 1) Matsuzaki Gen 2 ) 1)千葉工業大学大学院 2)千葉工業大学 Abstract : This study is contributing to verifying bag about functionality centering on a handle or a shoulder belt, and making a better product. The object of research determined it as the shoulder bag and the rucksack. The main methods are subjective evaluations.
doi:10.11247/jssd.59.0_288 fatcat:6qmachoizrdbjex7voocqdxbwm