訪問介護におけるケアマネジャーのICT 利用実態と情報需要
Usage of Information Communication Technology for Visiting Care and Demand for Information

大串 葉子
2017 Nihon Joho Keiei Gakkaishi  
42 1.はじめに 平成 27 年度高齢白書によれば,我が国の総人 口は,平成 26 年 10 月 1 日現在,1 億 2,708 万人 と推計され,平成 23 年から比較して 4 年連続の 減少であった.その反面,65 歳以上の高齢者人 口は,過去最高の 3,300 万人(前年は 3,190 万人) と な り, 総 人 口 に 占 め る 割 合( 高 齢 化 率 ) も 26.0%(前年の実績は 25.1%)と,過去最高を記 録した.団塊の世代が 65 歳以上となる平成 27 年 には 3,395 万人,団塊の世代が 75 歳以上となる 37 年には 3,657 万人に達すると見込まれている *新潟大学 経済学部 准教授 ■ 研 究 論 文 (内閣府,2015) .急激に増加する高齢人口に伴っ て,これまでのような施設を中心とした介護サー ビスで対応できないことは明らかである.高齢者 への調査でも,介護が必要な状態になった場合, どこで介護を受けたいかを聞いたところ,自宅が 圧倒的に多数である(表 1 を参照) . 厚生労働省も,高齢者が尊厳を保ちながら住み
more » ... 厳を保ちながら住み 慣れた地域や自宅で自立した生活ができるよう に, 地域包括ケアシステムの構築を推進している. 介護ニーズと医療ニーズを併せ持っている高齢者 が,自宅等の住み慣れた生活の場で生活し,自分 らしい生活を続けるためには,地域における医 療・介護を担う関係機関が連携して,包括的かつ 継続的な在宅医療や訪問介護サービスの提供を行 うことが欠かせない.そして,その実現には,在 Abstract : Care managers play an important role for public nursing insurance as a service planner. At the same time they are also key cog for caregivers in order to obtain a professional and objective advice. The way of participants in cooperation with care management is greatly affect the care of quality and satisfaction. ICT must be great support tools for their cooperation. Therefore, this study checks the discussion of the prior literature in terms of cooperation on nursing care. Then, it is surveyed and analyzed actual situation and the information demand of care managers with ICT by questionnaire survey.
doi:10.20627/jsim.37.1_42 fatcat:els2jssb2vda3pmr3ejb7nqfhm