ラウリール硫酸ソーダの結核菌及び抗酸菌変異に及ぼす影響その4BCGの大量(1.5mg及び1.Omg)を海狸に皮下接種したときの免疫附与能力の差異について

吉田 長之, 石丸 脩二
1955 Kekkaku (Tuberculosis)  
doi:10.11400/kekkaku1923.30.217 fatcat:xvhckcwsebctdptaimbzkwxnva