関連領域から家政系大学のスタッフとなって 13 生活に関わる研究を目指して

Hitoshi KANAZAWA
1999 Journal of Home Economics of Japan  
doi:10.11428/jhej1987.50.867 fatcat:lcafruiwivegtifdekhtt5f364