Species composition of drifting seaweeds and associated juvenile fishes in the Seto Inland Sea, Japan

MASAYUKI YAMAMOTO, KOJI KISHIMOTO, KAZUHIKO ICHIMI
2020 Nippon Suisan Gakkaishi  
Drifting seaweeds are utilized by some species of juvenileˆshes. We collected drifting seaweeds and associat-edˆshes oŠ Kagawa Prefecture, Seto Inland Sea, monthly from June 2017 to June 2019. A total of 206 clumps of drifting seaweeds, comprised of 15 species, were collected. Average clump weight in each month ranged from 0.05 to 5.97 kg/clump, increasing from winter, reaching a peak in spring, and decreasing in summer and autumn. Sargassum horneri, S. muticum and S. fulvellum dominated in
more » ... um dominated in winter and spring, and Zostera marina did in summer and autumn. A total of 6,053 individualˆsh, belonging to 24 species, were collected. The density (number of individuals per kg of drifting seaweed) ranged from 0.1 to 209.0 and generally was low in winter and high in autumn. The numerically dominant species were Rudarius ercodes (54.7), Sebastes cheni (21.7), S. ventricosus (11.0), Petroscirtes breviceps (4.4) and S. schlegelii (2.8). Rudarius ercodes was predominant between summer and autumn. Sebastes cheni and S. ventricosus were predominant species in spring, but the peak of their appearance in number was two months earlier in S. cheni than in S. ventricosus. キーワードアマモ,魚類相,瀬戸内海,流れ藻,ホンダワラ類,メバル属 流 れ 藻 は ア カ モ ク Sargassum horneri や ヒ ジ キ Hizikia fusiformis などのホンダワラ類やツルモ Chordâ lum,アマモ Zostera marina などの海藻海草類が定 着生活していた藻場から離れて,海面を漂流しているも のである。 1) これらは,サンマ Cololabis saira 2) やサヨリ Hyporhamphus sajori 3 5) などの産卵床となる。さらに, 流れ藻にはブリ類,メバル類,カワハギ類の稚魚が随伴 する。 4,6 10) このように,流れ藻は多くの商業的に重要な 魚類の生活史初期において利用されている。 11) 流れ藻に随伴する魚類の優占種は海域によって異な り,太平洋ではブリ Seriola quinqueradiata,ウマヅラハ ギ Thamnaconus modestus, 7,8,12) 日本海ではウスメバル Sebastes thompsoni,クロソイ S. schlegelii,メバル複合 種群 Sebastes spp.(クロメバル S. ventricosus,シロメバ ル S. cheni,アカメバル S. inermis のいずれか,あるい は混合) ,メジナ Girella punctata など, 4,13) 瀬戸内海で はメバル複合種群,アミメハギ Rudarius ercodes,ヨウ ジウオ Syngnathus schlegeli 10) が優占することが報告さ れている。日本海や瀬戸内海で優占種と報告されていた メバル複合種群は 2008 年にクロメバル,シロメバル, アカメバルに分類された。 14) これらメバル複合種群は, 種によって成長 15) や食性 16) が異なる。さらに瀬戸内海 のアマモ場ではシロメバルがクロメバル,アカメバルに 比べて高密度に生息することが報告されている。 17) これ らのことから,漁業や遊漁にとって重要な魚類であるメ バル複合種群の種ごとに,流れ藻の利用様式が異なるこ とが予想されるが,これらに関する知見はない。また, 藻場の繁茂状況は季節および年によって大きく変動する ことから, 18,19) 流れ藻の出現状況についても同様に季節 変動や年変動があると考えられる。流れ藻の構成種およ び 1 塊あたりの大きさの季節変動については,多くの 知見が蓄積されているが, 1,7,20) 流れ藻 1 塊あたりの重量
doi:10.2331/suisan.20-00020 fatcat:mgbzoirhyzbatg5basikhqhola