Vocabulary Acquisition Through Flowcharts

Aaron Chao
2019 JALT2018—Diversity and Inclusion  
In light of recent research on student-centered learning, researchers have highlighted the need for strategies and tools to foster learner autonomy. Particularly within the area of vocabulary acquisition, the need for such strategies and tools is justified by the scope and depth of vocabulary that a learner needs in order to achieve a high proficiency level in a foreign language. This paper proposes the use of flowcharts as a metacognitive vocabulary learning strategy that helps promote
more » ... ry acquisition as well as foster learner autonomy. The justification for using such a strategy is discussed as well as practical suggestions for how it can be used in the classroom. 近年における学生主体の学習に関する研究を探ってみると、研究者たちは学習者オートノミーを促進する(学習)方略とツールの必要性を強調している。特に語彙習得の分野において、このような方略とツールの必要性は、学習者が外国語(学習)において高い習熟度に到達するために必要となる語彙の範囲と深みという観点から、正当化されるものである。本論文は、語彙習得の促進および学習者オートノミーの奨励を手助けするメタ認知的語彙学習方略として、フローチャートの使用を推奨する。この方略を使用する正当性、またこの方略をクラスルームでどう用いるかという実践的な提議について検討する。
doi:10.37546/jaltpcp2018-38 fatcat:xljjyuobmfhqbcsyzlcfsueu7u