Relation between the Shape of the Foveal Avascular Zone (FAZ) and Visual Function in Idiopathic Epiretinal Membrane

Ryosuke Taniguchi, Hideo Tate, Kazuki Yamada, Naoko Tachi
2018 JAPANESE ORTHOPTIC JOURNAL  
Eye Center, Shinseikai Toyama Hospital 要 約 【 目 的】OCT Angiography(OCTA) を 用 い て 特 発 性 黄 斑 上 膜(ERM) の 中 心 窩 無 血 管 領 域 (FAZ)形状を測定し、それが視力、変視量、網膜厚に関連があるか検討すること。 【対象と方法】対象は片眼性の ERM29 例(男性 9 例、女性 20 例、平均 67.2 才) 。OCTA で網膜表層 の FAZ を解析し、網膜厚は OCT で測定した。健眼を対照群とし、ERM 眼の FAZ 面積、垂直径、 水平径の縮小率を求めた。変視量は M-CHARTS を用いて垂直方向の変視量(MV)と水平方向の 変視量(MH)を求めた。FAZ の各パラメータと視力(logMAR 換算) 、変視量、網膜厚との相関 について調べた。 【結果】平均 FAZ 面積は、健眼 0.40mm 2 、ERM 眼 0.22mm 2 であった(p<0.01) 。FAZ 面積の縮小率 と視力(logMAR 換算) 、網膜厚は有意な相関を認めた(R=0.591
more » ... 0.591 p<0.01、R=0.860 p<0.01) 。FAZ 垂直径の縮小率は MV とは有意な相関は認めなかったが、MH とは有意な相関を認めた(R=0.327 p=0.084、R=0.568 p<0.01) 。FAZ 水平径の縮小率は MH とは有意な相関は認めなかったが、MV と は有意な相関を認めた(R=0.353 p=0.061、R=0.450 p=0.014) 。 【結論】ERM 眼の FAZ 径の縮小は網膜収縮の程度、方向性を反映している可能性がある。 Abstract 【Purpose】Using optical coherence tomography angiography (OCTA), we assessed the shape of the foveal avascular zone (FAZ) in eyes with idiopathic epiretinal membrane(ERM) and investigated its correlations with visual acuity, metamorphopsia, and macular thickness. 【Subjects and Methods】Subjects were 29 eyes of 29 patients (9 males, 20 females; average age, 別冊請求先(〒 939-0243) 富山県射水市下若 89-10 真生会富山病院アイセンター Key words: 黄斑上膜、中心窩無血管領域、変視、網膜血管、網膜収縮 idiopathic epiretinal membrane of the macula, foveal avascular zone, metamorphopsia, retinal vessel, retinal contraction
doi:10.4263/jorthoptic.048f112 fatcat:bp5exhwomff7jngigk3tdjghee