Utterance Function Analyses in English Reading Classes in a High School
高校の英文読解授業における発話機能の分析

Sachiyo NOMURA
2017 Kanto Koshin'etsu Eigo Kyoiku Gakkaishi  
This study examines utterance functions of teachers and students in English reading classes in a high school and captures their characteristics. Comparative analysis with Kaneda's (1984) CARES-EFL, which examined the quantity of teachers' and students' utterance function, were taken place in three classes taught the same text, obtained the following five main results: (a) a ratio of teacher's utterances was more than 80%, (b) teachers' utterances tended to continue and students' utterances were
more » ... ts' utterances were by a sentence, (c) different patterns of interaction were shown, (d) distinctive distribution ratio of teachers' utterance were demonstrated, and (e) selective and restrictive responses were stood out in students' utterances. These findings show that the individual features of classes were created by interaction between teachers and students and this study can give teachers some concreate indicators to reflect their own practices. キーワード: 発話機能 英文読解授業 授業分析 1. はじめに 本研究の目的は、高校の英文読解授業を教師と生徒の発話機能という観点から分析し、授業の特徴 を描き出すことである。 日本の進学校の英語の授業は教師主導であると言われている (江利川, 2012) 。 現在は協同学習や探究を目的とした授業も展開されているが、 「正解」と「効率」を重視する教育では 一斉授業が行われている(佐藤,2005) 。英語教育においても協同学習を取り入れる試みが行われてい るが(江利川, 2012) 、やはり教師主導型の授業が多く見られる(立花, 2013) 。しかしながら、教師主 導型の授業であっても、教師と生徒の相互作用によって生徒のテキスト理解は促進される (Wallace, 2003) 。藤森(2014)は、高校の英文読解授業における教師と生徒の対話の IRF 構造(教師による始 発 Initiation、生徒による応答 Response、教師によるフォローアップ Follow-up)を定性的に分析し、教 師がそれぞれの生徒の思考を促進しながら発話を引き出し、教師が生徒の発話を復唱しながら生徒の 発話を教室全体で共有することによりテキスト理解を深めていく様子を明らかにした。 このような 「読
doi:10.20806/katejournal.31.0_1 fatcat:7iihfyq7pvgwvc5ubd45lzkbmm