A GENERALIZED CANOPY MODEL AND ITS APPLICATION TO THE PREDICTION OF URBAN WIND CLIMATE

Kota ENOKI, Takeshi ISHIHARA
2012 Journal of Japan Society of Civil Engineers Ser A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE))  
本研究では,まず植生,建物による流体力を統一して表現可能な流体力モデル及び従来解析の困難な高 占有率の流れ場にも適用可能な乱流モデルを提案し,任意占有率のキャノピー内外流れ場を解析可能な一 般化キャノピーモデルを構築した.次に,実都市の気流解析に不可欠な土地利用データ及び電子地図デー タによるモデルパラメータの算出方法を示し,様々な障害物が混在する場合の流体力の定式化を行った. そして,提案手法により占有率の低い樹木,様々な占有率の街区モデル,占有率の高い建物周りの気流解 析を行い,適用可能性と予測精度を検証した.最後に,実都市内の観測点における年間の風況予測に適用 した結果,メソスケール気象モデルに比べ予測誤差が大きく低減し,一般化キャノピーモデルが市街地風 況予測に有効であることが明らかとなった. Key Words : generalized canopy model, fluid force model, turbulence model for various packing density, urban wind climate prediction
doi:10.2208/jscejseee.68.28 fatcat:ocmjhefeijgp3o5bl6qdwbsomm