札幌市街地周辺におけるエゾシカのスポットライトカウント調査
Counting urban sika deer using spotlight in Hokkaido, Japan

Yukiko MATSUURA
2018 Shinrin Sogo Kenkyujo kenkyu hokoku  
札幌市街地周辺におけるエゾシカのスポットライトカウント調査 原稿受付:平成 29 年 8 月 16 日 原稿受理:平成 30 年 3 月 15 日 1) 森林総合研究所 北海道支所 * 森林総合研究所 北海道支所 〒 062-8516 札幌市豊平区羊ヶ丘 7 番地 松浦 友紀子 1)* 要 旨 札幌市では近年市街地へのシカの出没が問題となっている。北海道農業研究センターの構内にお いてもシカの目撃が増加しており、市街地に出没するシカの生息地になっている可能性がある。そ こで、当センターにおけるシカの生息状況を把握することを目的としてスポットライトカウント調 査を実施した。 調査は 2010 年から 2016 年に 40 回行い、1,675 頭のシカを確認した。 観察頭数は増 加傾向で、調査開始当初は平均 29 ~ 32 頭 / 月程度であったが、2016 年には 68.5 頭 / 月となり、ま た局所的な高密度化が確認された。市街地への出没が増加する初夏から秋にかけて、当センターで 観察されるシカの数も増加した。電気柵による防除も不十分であり、今後当地域のシカ個体群が市
more » ... 後当地域のシカ個体群が市 街地に出没するシカの供給地とならないよう、適切な管理が求められる。 キーワード:スポットライトカウント、市街地出没、生息密度、ニホンジカ 短 報(Short communication) Urban deer issues are critical in Sapporo, Japan. Deer occurrence is increasing in the Hokkaido Agricultural Research Center located in the tip of a forest shaped like a cape. It may be an important habitat of urban deer in Sapporo. I conducted spotlight count in the Center to monitor the deer population in forty times between 2010 and 2016, and observed a total of 1,675 deer. The observed number increased from 29-32 deer / month to 68.5 deer / month during study periods, resulting locally high density. The number also seasonally increased between early summer and autumn, corresponding to the occurrence to the downtown. The current countermeasure by electric fences is incompetent. It is necessary to control the deer population to prevent this area from being a source of urban deer in Sapporo.
doi:10.20756/ffpri.17.2_149 fatcat:etcwbyhdcja4nogjjvgrjzgl2i