Effects of implant fixture surface modification for hard tissue differentiation
インプラントの表面制御と硬組織分化に対する影響

Yoichiro Taguchi, Natsuki Yasui, Saitatsu Takahashi, Makiko Okuda, Reiko Koishi, Isao Yamawaki, Makoto Umeda
2014 Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology)  
キーワード:インプラント,表面性状,硬組織分化,インプラント周囲炎 は じ め に ブローネマルクらによって 1969 年にチタン金属と 歯槽骨が直接結合する,すなわち Osseointegration に ついて報告され 1) ,骨結合型インプラントが開発され 欠損歯に対する補綴治療の選択肢として 40 年が過ぎ た。歯周病患者の口腔機能回復治療にも応用され, 2008 年には本学会口腔インプラント委員会を中心と して「歯周病患者におけるインプラント治療の指針」 が発刊され,インプラント治療が普及している。その 間にも早期の安定した初期固定を目的にインプラント フィクスチャーの材料について開発が行われ,とくに チタン金属の表面についてはアパタイトコーティング に始まり,酸やアルカリ溶液によるマクロからナノレ
doi:10.2329/perio.56.165 fatcat:zvsu75zl2jhzfo65oas5shvxcy