青森県で確認されたアカヒレタビラAcheilognathus tabira erythropterusとシロヒレタビラA. t. tabira
Acheilognathus tabira erythropterus and A. t. tabira collected from Aomori Prefecture, Japan

Masahiro Kumagai, Tomiji Hagiwara
2013 Izunuma, Uchinuma kenkyu hokoku  
責任著者 キーワード:亜種名 北限 国内外来種 高瀬川水系 岩木川水系 2013 年 3 月 12 日受付 2013 年 4 月 19 日受理 要旨 青森県のタビラの生息に関しては,日本海に注ぐ岩木川水系と太平洋に注ぐ高瀬川水系で報 告されているが,亜種名が不明瞭であり,在来種かは明らかではない.高瀬川水系で 2009 年 6 月に 採集した雄は,アカヒレタビラ特有の明瞭な婚姻色を発現していた.雌から搾取した卵 22 個はすべて 鶏卵形で,長径/短径は 1.75 ± 0.090 であり,アカヒレタビラ A. t. erythropterus についての記載と一 致した.高瀬川水系は本種の産地と隣接しており,北限の生息地と考えられる.一方岩木川水系で 2005 年 9 月に採集した雄は,尻鰭が白色に発現し,シロヒレタビラ特有の明瞭な婚姻色を呈していた. 体高/体長は 0.351 ± 0.014 でシロヒレタビラ A. t. tabira についての記載とほぼ一致した.関西地方に 産する本亜種は,岩木川水系においては国内外来種と思われる. はじめに
more » ... 純淡水魚類で,シロヒレタビラ Acheilognathus tabira tabira,アカヒレタビラ A. t. subsp.(a),セボシタビラ A. t. subsp.(b)の 3 亜種が知られていた(中村 1969,川那部ほか 2001).近年,Arai et al.(2007)は,臀鰭の婚姻色,稚魚の背鰭の黒斑の有無,卵 形,それ以外の背鰭の婚姻色や口ひげの長さなどの形態学的形質,遺伝学的形質とそれらの生息地の 整合性を検討して,アカヒレタビラをさらに 3 亜種に分け,アカヒレタビラ A. t. erythropterus,キタノアカ ヒレタビラ A. t. tohokuensis,ミナミアカヒレタビラ A. t. jordani とし,亜種名のなかったセボシタビラに A. t. nakamurae の学名を与え,タビラの中に 5 亜種を認めた.この仮説は,タビラの全国 22 集団に関 する DNA 解析結果からも支持されている(Kitamura et al. 2012).模式亜種であるシロヒレタビラは濃 環境省. Abstract Acheilognathus tabira, which was has 5 recognized subspecies, was reported in the Takasegawa and Iwakigawa river systems in Aomori. Few studies have examined the classification to the subspecies level and their respective origins in this region. We collected several adults from both river systems. Based on the color of the dorsal fin in nuptial males and the ratio of the long axis to the short axis of the egg, it was confirmed that A. t. erythropterus is occurring in the Takasegawa river system within its range northern-limit. Based on the color of the dorsal fin in nuptial males and the ratio of body depth to standard length, it was confirmed that A. t. tabira is occurring in the Iwakigawa river system. The natural range of this subspecies is the Kansai region (west part of main island of Japan). Therefore, A. t. tabira occurring in Iwakigawa river system is suggested to be an introduced population.
doi:10.20745/izu.7.0_17 fatcat:tetk5hgbmfbujael22wet4q52a