Filters








1 Hit in 0.054 sec

DEVELOPMENT OF A MANAGEMENT SYSTEM OF ROADSIDE TREES USING RFID AND ONTOLOGY
RFID技術とオントロジーを用いた街路樹管理支援システムの開発

Nobuyoshi YABUKI, Yuki KIKUSHIGE, Tomohiro FUKUDA, Yumeka EBASHI
2012 JOURNAL OF APPLIED COMPUTING IN CIVIL ENGINEERING  
4 学生会員 大阪大学大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 博士前期課程(同上) 豊かな都市環境形成に欠かせない街路樹は,樹木にとっては劣悪な環境で育成していることが多い.こ のため健全な状態で街路樹を維持するためには,科学的・体系的な街路樹診断を定期的に実施する必要が あるが,診断の非効率性や街路樹の個体識別の難しさなどが起因し,現状ではほとんどの自治体で実現に は至っていない.そこで本研究では,ドイツのVTA(Visual Tree Assessment)法に基づいて,RFID(ICタ グ)とPDA(携帯個人端末)を用いて,街路樹診断支援システムRTDSSを開発した.実際の街路樹におい て樹木医に試用してもらい,現在の方法よりも効率的で効果があることを示した.次に,将来RTDSSによ って街路樹データベースが各道路管理組織によって開発された場合,データベース間で街路樹名などの齟 齬により検索ができなくなることを防ぐために,オントロジーを開発した.実証実験を行い,言葉が異な る同じ種類の樹木を異なるデータベース間で検索することができることを示した.
doi:10.2208/jscejcei.68.13 fatcat:rz7akqddmvazvlufszy4qsxu4y